面倒事は不要!物件購入・リフォームの依頼ポイント

それぞれの相場を知る

中古物件の相場

不動産に中古物件の手配を依頼するのは良いですが、不動産はボランティアではなく商売です。こちらの希望や相場をリサーチしておかなければ、目当ての物件はおろか予算以上の物件取引を勧められる可能性もあります。

中古物件といっても都会・地方で大きく相場が違う点も注意すべきポイントです。都内だと40m2以内の中古物件は4~5000万円ほどです。それに比べて地方だと2~3000万円と大きく違います。間取りや広さだけでは無く周辺環境や設備の有無によっても違うので、事前にリサーチして下さい。

その上で不動産へ希望を申し伝え物件取引をして頂きます。ここで重要なのがこちらの希望通りにいかない物件はバッサリと断っても問題ありません。

リフォーム施工の相場

部位によって大きく料金が異なるリフォームですが、中古物件と同じ様に相場があります。人気のキッチンのリフォームはかなり大掛かりですし、ケースによっては水周りまで全てリフォームしなければなりません。よって平均相場は100~150万円とかなり高額になります。リビングや浴室など多くの設備がある部位のリフォームも同額になるので、ある程度は覚悟しておくべきです。

寝室やダイニングなどサブスペースのリフォームは50~100万円で、トイレや玄関などは50万以下で施工可能です。不動産にまとめて依頼する場合はこれらの相場をチェックした上で相談して下さい。

中古物件と違いリフォームはこだわれば天井知らずなので、予算と希望の帳尻合わせが必須です。


この記事をシェアする