面倒事は不要!物件購入・リフォームの依頼ポイント

中古物件と新築物件について

中古物件の人気条件

中古物件は新築よりも数が多く、間取りや設備・条件は様々です。ここでは中古物件の人気条件をピックアップしています。まず紹介するのが駐車場付きの物件です。

せっかく物件購入したのは良いが別途駐車場契約をするのはもったいないですし、都内の場合は平均月3万円程度のランニングコストが発生します。地方でも安くても5000円はかかるので、中古物件を購入する場合は必ず駐車場の有無を確認する方が多いです。

続いては所有権の有無です。土地の権利は所有権と借地権があり、後者は毎月土地代の支払があります。自分の土地が欲しいという場合は、借地権ではなく所有権付きの物件を購入すると良いです。反対に土地の固定資産税が不要という場合は、借地権付きの物件が良いです。

リフォームの人気施工

中古物件を購入し、カスタマイズするのならリフォームをすると良いです。中古物件を購入、リフォームをしても新築物件よりも低価格になるケースがほとんどなので、これから不動産へ中古物件やリフォームを依頼する場合は参考にしてみて下さい。

リフォームは用途や好みによって異なりますが、近年ではバリアフリー関連のリフォームが人気です。出来るだけ段差を作らない、あるいは手すりをつけるのは安価で出来る施工にも関わらず非常に役立ちます。

カウンターキッチン・アイランドキッチンへのリフォームも人気です。新築は自由に間取りを決める事が出来ますが、中古物件のリフォームもある程度は自由に間取りを変えられるので低コストで運用したい方にぴったりです。


この記事をシェアする